Top       Profile
 蔵永 瞳 ( Hitomi Kuranaga )
>>> Thank you for visiting !
・ 滋賀大学 教育学部で働いています。
・ 連絡先: hitomikuranaga●gmail.com (●を@に置き換えてください)
・研究業績等についてはこちらをご覧ください。

>>> News
>>>ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)(2022.10)の招待講演として以下の内容を発表しました。
 蔵永 瞳・福島 拓「感謝という心の仕組み:基礎研究の成果と応用を目指した試み」

>>>日本グループ・ダイナミックス学会 第68回大会(2022.9)で発表しました。
 蔵永 瞳「集団間感情としての感謝:代理的感謝 に関する 基礎的検討」

>>>共著者が学会・研究会で発表を行いました。
・中出恵美・蔵永 瞳・福島 拓「制御焦点理論を考慮した目標提示を行う運動支援システムの提案」
 2022年度情報処理学会関西支部支部大会 (2022.09) ★学生優秀発表賞
・福島 拓・大西 響・蔵永瞳「制御焦点理論を目標設定に活用した避難訓練支援システムの開発」
 情報処理学会, マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム (2022.7)
・村田直己・蔵永 瞳・福島拓「感謝日記における反すう支援手法の提案」情報処理学会」
 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム (2022.7) ★ヤングリサーチャー賞

>>>日本学校心理士会2022年度大会(2022.10)で研修講座(オンラインオンデマンド)を提供しました。
 テーマ「思いやりのある学級集団づくり−共感と感謝に着目してー」

>>>新・教職課程演習 第5巻 教育心理学(外山美樹・湯澤正通(編著)共同出版 2021年5月出版)で、以下の部分を執筆しました。
 第1章 教育心理学の意義と課題
  Q3 教育心理学の主要な研究方法を取り上げ、それぞれの利点と限界を述べなさい
 第3章 学習の基礎理論
  Q19 グループで効果的な話し合いを行うための条件について述べなさい
  Q20 ジグソー法を説明し、その教育的意義について述べなさい

>>>日本学校心理士会年報 第13号に、理論・提言論文が掲載されました。
 「利他性育む学級運営―共感と感謝に着目して―」

>>> 更新履歴
・ 2022.10.31  トップページを更新
・ 2022.10.15  トップページを更新
・ 2022.09.18  トップページを更新
・ 2021.03.17  トップページ、Profileを更新
・ 2021.06.04  トップページ、Profileを更新
・ 2020.12.24  トップページ、Profileを更新
・ 2020.04.01  トップページ、Profileを更新
since 2011.10.9